LIXIL、新収納を近藤典子さんと開発

LIXILは4月1日、住まい方アドバイザーの近藤典子さんと2年半の期間をかけて開発したという収納商品「ヴィータス パネル」を発売する。
30年以上にわたり、片付けをはじめとする人々の"暮らしの困った"を解決してきた近藤さんは、住む人の管理能力の問題だけでなく、家の収納にも問題があると感じるように。そして、さまざまな分譲住宅メーカーや企業とのコラボを通じて「350mmの法則」を独自に見出したという。
「収納と350mmは大きく関わっており、住まいの代表収納である押入れやクローゼットは床から350mmごとに高さを刻んでいくと効率的にモノがしまえることがわかった」
新商品には、この「350mmの法則」を採用。住まい手がメジャーや特別な収納ノウハウをもたなくても、家じゅうのモノを簡単に管理できるようにした。
基本構造はシンプルで、350mmピッチのレールを5本埋め込んだ厚20mmのパネルをクローゼットの両側面に固定するだけ。このレールが奥行きの自由度を上げる役目を果たすという。
背板がなく、構成部材が少ないため、施工は半日〜1日程度。あとは、棚板やパイプ、フックなどのパーツをレールに掛けるだけで収納空間が完成する。

パネルサイズは、奥行きが400・600・700mmの3種類、幅が850・1100mmの2種類。幅850mmのパネルを選べば、既存の押入れ・クローゼットをはじめ、ほとんどのパターンに柔軟に対応できるとする。パーツは全パネル共通で、取り替えや追加も容易(買い足し用のパーツはオンラインで販売予定)