パナソニックが蛍光灯の生産を終了

パナソニック エコソリューションズ社は、政府による「新成長戦略」「エネルギー基本計画」や一般社団法人日本照明工業会の「照明成長戦略2020」の目標に基づき、2019年3月末で蛍光灯照明器具の生産を終了する。
今後は、高効率LED照明器具の普及を加速させる。
なお、メンテナンス用の蛍光ランプは、照明器具生産終了後も継続生産する。
まず、2018年4月末に黒板灯など用途別照明器具の一部、階段通路誘導灯を含む非常用照明器具(電池内蔵型)の一部、非常用ダウンライトの約70品番の生産を終了する。
続いて2019年3月末、富士型、笠付、笠なし、埋込型や防湿型、防雨型照明器具、非常用照明器具の約120品番の生産を終了する。
LED照明器具への移行については、特に蛍光ランプが多く使用されている施設市場向けについて、さまざまな施設や用途に対応できる一体型LEDベースライト「iDシリーズ」を中心とした高効率LED照明器具の普及を加速させる。